MENU

減り続ける一方だった貯金がたった3ヶ月で好転⁉

当ページはプロモーションを含みます

こんにちは!にこまるです♪

今日は

「知らないことは損!いや罪!?」
(たった3ヶ月でこれのおかげで貯蓄も夫婦関係も好転した話!)

もともと、私は堅実なタイプなのですが、
(誰も言ってくれないので自分で言っちゃうw)

  • 100均をこよなく愛し
  • 美容室も半年に1回
  • お出かけにはおにぎりを持参
  • 豪遊はせず
  • ポイ活が得意♪


だったので
我が家は大丈夫♪やりくりできる♪

と思っていたのだけど、

子供が生まれたとたん、

保育園に預けたいのに空きがない!


働きたくても今までのように働けない!

やっと見つけた時短パートでも、
子供を一時保育に預けても発熱したら帰される。
さらに解熱するまでは一週間出勤できない!
なんてことも。

結果、時間的にも精神的にも外に出てパートで働くということを諦め、
子供が幼稚園に通うまでは専業主婦&家庭保育をすることに。

でも状況はどんどん悪化。

ミルク代もおむつ代もかかるのに、
働けない。

すると、

今まで共働きで余裕があったはずの家計も、

夫の一馬力になった途端、あれよあれよとマイナスに。

少しずつ貯金を切り崩す日々

今までよりさらに頑張って節約しているのに、、、
やっぱりマイナス。

お金に余裕がなくなると心にも余裕がなくなり、
夫とも些細なことで喧嘩に発展。

夫と衝突すること何度あっただろ…。

このままでは子供が大きくなるのを待たずに
家計も夫婦関係まで破綻してしまう…

という、どうしようもない不安に襲われました。

でも

あるときテレビで、
「在宅で家庭保育をしながらも収入を得ている人(それも多数)がいる」
ということを知ってかなり衝撃を受けました。

今まで、節約とポイ活ばかりに目が行っていたけど、

資産を減らさないようにするのではなく、
自宅にいながらでも収入を得られれば、

お金や夫婦関係、将来への不安も一掃され、
一石二鳥いや、一石三鳥以上にもなる!と。

そして、
必死で検索して見つけたのがこれ

  • こっそり副業を始めてパート収入を超えた主婦
  • 子育てしながらも片手間に安定収入を得ているママ


など、
不安定なこのご時世、
黙々と打開策を始め、すでに大きな結果を出している人が、
かなりの母数いることを知って、内心焦りました。

育児と言いつつ
韓国ドラマを見ている場合ではなかった(恥)

今まで、
お金が必要なのに、
「子供が大きくなるまでは仕方がない」
って、現実に目を向けようとしていませんでした。

だけど、
「このままじゃ本気でヤバい…」

と思い、
無料レッスンを覗いてみることに。

目次

実際に無料レッスンを受けてみて

最初は、華々しい成果報告を見ても、

  • それって一握りの人だけなんじゃ…?
  • 本当にそれだけで稼げるようになるの?

と半信半疑で、

怪しかったら即解除しよう・・・

と、捨てアドで登録する慎重ぶり(笑)

でも、

実際に
すきま時間を効率的に使い稼いだ方法や具体例など

無料とは思えないほどの
かなり実践的な内容で再現性も高く、


3日坊主の私でも、

見よう見まねで3日目になんと、
2005円の報酬を得ることができびっくり!

しかもたった200字程度の日記
1記事でってすごくないですか?

少なくとも、
「稼ぐ=外に働きに出る」

という先入観が強かった私には衝撃的で、
飛び上がるほど嬉しい報酬
だったことを鮮明に覚えています。

一発屋で終わりたくなかったので、
さらに貪欲に実践し続けた結果、

それまで貯金を切り崩す生活だったのが、
今では、右肩上がりに貯金できるまでになったんです♪

あのとき勇気を出して踏み出してみて本当によかった

無料レッスンを受けての変化

今では、
ご飯の支度がちょっとしんどいときには外食にしたり楽しつつ、
心の余裕ができたことで「夫との関係もギスギスしなくなったこと」が、一番の収穫かな。

また、稼いで終わりではなく、
将来に備えて、NISAやIDECOなど積み立て投資でさらに増やすための勉強もしたいと勉強しています♪

もし、
過去の私と同じように
「このままじゃマズイ…」

って少しでも気が付いている人は
無料期間中に見てみたらいいと思います。

過去の「お金を使わない・節約すること」しか頭にない私にも、

パートに出る以外にも自宅で収入を増やせる方法があるんだよ

って、もっと早く教えてあげたかった♪

今悩んでいるならぜひ、後悔しないよう読んでみてほしいな。

>>今すぐ無料レッスンを覗いてみる
(※期間限定なので、終了してたらごめんなさい)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次